マーカー設置とその後の経過
リーフチェック串本(RC串本)では計測ラインの精度向上のために2005年12月に3m、10mラインにラインを引く補助となるマーカーを設置しました。当初は各7本程度でしたが、その後数本を加えました。マーカーはRC串本チームサイエンティストの野村さんが調査の際に使っておられる物です。またマーカーは海中では直ぐに汚れて見つけ難くなるので使用前には点検・清掃が必要です。2015年5月16日にRC串本事前調査の際、改めて計測ライン上のマーカーの位置・方位を確認しました。

3m計測ラインの詳細(5月16日)

10m計測ラインの詳細(5月16日)


【2015年4月19日 マーカー点検・清掃】
5月16日の事前調査に備えてマーカー点検・清掃を行いました。参加4名、田子を9時半頃に出港して1時間ほどのダイビングで全てのマーカーの点検・清掃を終えました。水温は20度ほどでロクハンで快適なダイビングでした。この日は大潮でポートの入帰港が難しくなるのでこの一本で終了してお昼に古座・一枚岩の道の駅に「ジビエバーガー」(鹿肉だそうです)を食べに行きました。なかなか美味しいものでした。また行きたいです。
【2014年5月20日 マーカー点検・清掃とオニヒトデ駆除】
毎年、串本リーフチェック前の恒例になっているマーカー点検・清掃をオニヒトデ駆除を兼ねて行いました。
今回は岸田さんの都合でシートピア串本・南さんの操船で9時半頃に田子を出港してそれぞれ50分程度のダ
イビング2本で3m、10mの全てのマーカー点検・清掃を完了しました。欠損や破損しているマーカーは無
く全て清掃で終了しました。
1本目には10mラインを設置して野村さんの底質詳細調査も行いました。また、点検の合間に行ったオニヒ
トデ駆除では2匹(サイズ不明)を海中で捕殺しました。
参加者(敬称略)は野村、高木、南、福井の皆さんでした。
お疲れさまでした。
写真左は清掃前、右は清掃完了後の10mにあるマーカーです。
なお、3m側のマーカーにはサンゴの成長に伴い陰になって見附にくくなっている物やマーカーその物がサンゴに覆い始められている物があります。そう遠くないうちに移設などが必要になるかも知れません。
【2013年4月20日 マーカー点検・清掃を行いました】
2013串本リーフチェックの下準備としてマーカーの点検・清掃を行いました。点検の結果、3mマーカーは3個所
ほど欠損している様です。10mマーカーは10個所全て無事でした。またどちらのマーカーも全ての清掃を完了し
ました。欠損しているマーカーは5月12日の事前調査の際に補修する予定です。
参加者(敬称略)は野村、小笹、計良、高木、南、福井の皆さんでした。
お疲れさまでした。
写真は清掃完了後の10mの始点にあるマーカーです。

【2012年6月2日 補修・増設されたマーカー】
先月、5月13日の事前調査の際にマーカーの補修・増設を行っていますが写真を撮り忘れていましたので今回
(6月2日)のリーフチェック本調査の時に改めて撮ってきました。
このマーカーは3mライン終端に補修されたマーカーで設置から約1月を経て多少の汚れが出ていますが3mラ
イン上を泳いで行くと直ぐに見つける事が出来ました。
今回、初めてGPSによる計測ラインの位置確認も行いましたがこれらマーカーもこれからも計測ラインの精度
向上に役立ってくれる物と期待しています。

【2012年5月13日 マーカー補修・増設】
2005年12月のマーカー設置以来、ライン敷きとライン精度向上に役立っていたマーカーですが3mラインで一部欠損、またサンゴの陰に隠れて見難くなっていた物がありましたので今回の串本リーフチェック事前調査に併せて補修・増設を行いました。
当日は事前に野村T/Sさんから水中ボンドなどの提供を受けておりシートピア串本・南さんによる3mライン設置後、同じく南さんがマーカー補修・増設を担当して下さいました。うかっとして写真を撮るのを忘れてしまって申し訳ないですが補修・増設されたマーカーは随分見つけ易い物でした。
次回、6月の本調査終了後に写真を掲載します。
【2012年2月26日 マーカー点検・清掃】
今年4月(予定)の串本リーフチェック事前調査、6月の本調査の下準備としてマーカーの点検・清掃を行い
ました。
設置以来、丸6年を越えたマーカーですが、残念な事に3mラインでは2カ所程の欠損が見つかりました。
また3mラインでは設置後に成長したサンゴに覆われて見つけ難くなっているマーカーもありました。
10mラインでは欠損・破損しているのはありませんでした。
清掃は3m、10mの全てのマーカーで終了しました。3mラインでの欠損マーカーと少しマーカー間の距離が空いてい
るのもあるので4月の事前調査時に補修・打足しをする予定です。
写真は清掃の済んだ10mラインのマーカーとマーカーの住人・テンクロスジギンポです。
当日の参加者(敬称略)は野村・デナ・富弥・南・福井の五名、水温17℃、透視度15mほどで晴れ・凪の海況でした。。


【2011年5月22日 マーカー点検】
2005年12月の設置以来、約5年6ヶ月になるマーカーですが今回も欠損・破損は全くありませんでした。
どのマーカーもしっかりと固定されていてまだまだ大丈夫な様です。
最近はあって当たり前、欠損するなど考えられない状態が続いていますが、今までも双島で潜る度に誰かが
点検・清掃をしています、今回も大部分を南さんが点検・清掃を完了して下さいました。
6月のリーフチェック串本でまたマーカー達にはしっかりと働いてもらいましょう(^_^)
ちなみに写真は2009年のリーフチェック時の様子です。

【2010年3月7日 マーカー点検】
当日のオニヒトデ駆除の空き時間を利用してマーカーの点検・清掃をしました。
前回清掃からちょっと時間が経っているので見つけるのに多少の時間が必要でしたが2005年の設置から丸4年以上も
経っているのに総てのマーカーは無事です。
なお、3mラインを担当された南さんから「サンゴに覆われかけているのや距離のあるマーカーがあるので打足しを
したい」と提案がありましたので次回、今年の下見の時にでも実施の予定です。
写真は10mでの清掃前のマーカーでやはりギンポくんが住み着いています。ギンポくんにはお騒がせな清掃でした。

【2009年6月7日 マーカーの住人(魚?)】
2005年12月のマーカー設置から暫くしてマーカーに住人(魚?)がいる事に気がつきました。
時々、頭を出しているのですが、近づくとスッと引っ込みも暫く見ているとまた出てきます。
「何かいな?」と思っていたら見た皆さんの話ではギンポの仲間が数種類住み着いている様です。
人工的な設置物でも彼らは上手に利用しているんですね。
20数秒のビデオですが、結構ユーモラスな動きをしますよ。
*画像をクリックして画面下に表示される→をクリックしてムービーを見て下さい。


【2009年4月25日 事前調査とマーカー点検】
6月6日〜7日の10回目の串本リーフチェックの事前ダイビングに合わせて暫くの間
様子を見ていなかったマーカーの点検・清掃・捕補修を行いました。当日の参加者(敬
称略)は前日来の悪天候もあって野村・土川・南・福井の4名でオニヒトデ駆除・水温
計交換と手分けして行いました。生憎の悪天候で午前中に40分程度の潜水を1本しか
出来ませんでしたが、マーカーは3m、10m共に全て無事で清掃を終える事が出来ました。
作業終了後は丁度、大潮と重なった事もあって出港した田子に戻る事が出来なくなって
田並に戻る事になりました。途中、今まで双島付近で経験した事のない大波でスリル
満点でした。ミーシートピア・南さん、船頭の岸田さんに改めてお礼を申し上げます。
なお、写真左は10mラインのNO.5マーカーの点検・清掃前、右の写真は清掃後の様子です。点検・清掃は先ず目視で欠損・破損が無い事を確かめてダイバーズナイフの刃の部分を刃を立てない方向に当てて表面を削り取る様にして付着物を削ぎ落とします。
【2008年4月19日 事前調査に合わせてマーカー点検】
当日の事前調査に合わせてマーカーの点検・清掃を行いました。10mラインのマーカーに関しては以前に始点から2カ所程度の清掃・点検は出来ていましたが今回は終端マーカーまで全ての点検・清掃を終える事が出来ました。これで来月のリーフチェック本番に際してはスムースなライン引きが出来るものと期待しています。なお、既設・増設分の7カ所全て(3mラインでも全てのマーカー)のマーカーは破損・欠損もなく無事です。野村さんにお聞きした処、「網で引かれる、台風で岩が当たるなどが無ければ10年程度は持つ」と仰っていました。
【2008年3月16日 オニヒトデ駆除に合わせてマーカー点検】
当日、午前中に行いましたオニヒトデ駆除に際して可能な範囲でマーカー点検・清掃を行いました。この日、アンカーが10mライン寄り(大きな根よりさらに10mライン始点寄り)にあり、エントリーして直ぐにマーカーが現れてアンカー位置を再確認しました。10m側で3カ所、3m側で2カ所を通りかかり清掃・点検をしましたが破損している物はありませんでした。ただ、前回の点検からかなり時間が経っているからかかなり汚れが目立って見つづらかったです。次回、下見の時には前部のマーカーの点検・清掃が必要だと感じました。また、2005年12月のマーカー設置から丸2年以上経っていますが良く無事でいるものだなぁと驚いています。
【2007年4月22日 リーフチェック下見・マーカー点検と増設】
今回、7名の参加を得て串本リーフチェック下見をしました。それに合わせてマーカーの点検と増設を行いました。
以前、10mラインでマーカーが破損しているとお伝えしたかと思いますが今回、よく見たら欠損・破損はありません
でした。これは3mラインも同様で破損などありませんでした。改めてこのマーカーの力を知りました。
なお、前回はマーカー増設(ライン引きをより容易にするため)が出来ませんでしたが、今回は10m,3mラインにそれぞれ
2カ所づつ増設する事が出来ました。
ムービーは新規マーカーを設置中の野村さんです。
*画像をクリックして画面下に表示される→をクリックしてムービーを見て下さい。


【2007年2月25日 オニヒトデ駆除とマーカー点検】
今回のオニヒトデ駆除の際に目についたマーカーを点検しました。見たのは10mラインの物だけですが、始点マーカーは無事でした。次の25mマーカーも無事でしたがどちらもかなり汚れていて一目見てすぐ分かると言う具合には行きませんでした。それぞれのマーカーはナイフの刃を使って掃除しました。他のマーカーは残念ながら見ていませんが、前回の駆除時だったと思いますが確か1〜2本程度欠損している様です。
次回下見の時かその前にマーカー点検と設置が必要になると思います。
【2006年9月9日 オニヒトデ駆除とマーカー点検】
オニヒトデ駆除に併せてマーカーの点検を行いました。と言っても両手が駆除道具で塞がっているので目視点検だけですがさすがに夏場を越えたせいかマーカーの汚れが目立ちました。個人的な感想では年内に一度マーカーのクリーニングが必要と感じました。なお、今回はマーカーの増設も計画していましたが都合により中止しました。次回のオニヒトデ駆除時、または2007年RCの下見時に増設を予定しています。
【2006年6月17日〜18日 2006串本リーフチェックとマーカー点検】
マーカー設置後、初めてのリーフチェックを行いました。前々日の雨のせいかかなり透明度は落ちていましたがマーカーのお陰でライン張りは楽でした。あき時間を利用してマーカー清掃を行いました。1月に付いていたカビの様な物はナイフの刃を角度を付けずにマーカーに当てて削ぎ取る事が出来、元の状態に戻す事が出来ました。水中ボンドで固めた付け根の部分が少しやせたかなと感じましたが、強度は十分に保っていると感じました。 10m、3m共にマーカーの破損はありませんでした。
【2006年5月27日 マーカー点検】
リーフチェック下見ダイビングに併せてマーカーの点検を行いました。3m、10mライン共に破損などはありませんでしたが、一部にかなり汚れの目立つマーカーもありました。
【2006年1月28日 マーカー点検】
当日、オニヒトデ駆除と併せて先月に設置したマーカーの点検をしてきました。マーカー設置の時に比べて透明度は落ちていましたがマーカーを見つける事は比較的容易・・特に地図の角度参照時・・で設置から1ケ月以上経った各マーカーもしっかりとしていました。マーカー表面は少しヌルヌルした物に覆われていたりカビの様な斑点が付いていて手でこすっただけでは取れませんでした。
【2005年12月17日 マーカー設置と底質調査】
リーフチェック串本の計測ライン精度向上のためのマーカー設置を2005年12月17日に7名の参加を得て行いました。当日の水温18℃、気温は5℃〜6℃でした。
併せて参考のために底質調査も行いました。マーカー設置の状況とその様子、底質調査データは下記の通りです。
なお、当日の参加者(敬称略)は池田、野村、高木、坂井、橋爪、南、福井でした。


野村さんのコメント

さて、底質データを拝見しました。データをまとめられた池田さん、データを収集された高木さん、ご苦労様でした。
ラインが今6月と狂いがなかったとすれば、3mはサンゴが回復増加、10mは激減ということになります。
私の印象では、今年は大きな台風がなかったので3mのサンゴは順調に回復したと感じています。
10mは調査ごとのラインのズレが大きく、今6月のはたまたま多い所に当たったための異常値で、冬の結果は妥当かなと感じています。
ただし、ここは大型のオニヒトデが多く(たぶん100個体以上が外から回って来ています)、その食害影響も死サンゴ率に現れて来ています。

今回、寒さと残圧欠乏、水没事故とたいへんなマーカー設置作業でしたが、来年からはラインのズレの心配がなくなり、データの信頼度が確実に高まることが期待されます。
3m地点はサンゴ回復という、うれしい兆しがある一方、10mは大量の大型オニヒトデ襲来と危機的な状況です。
放置すればサンゴがなくなることが確実なため来年の初春にRCチーム有志で駆除の実施を検討中です。

初年度調査以降、串本のサンゴは台風とヒメシロレイシガイダマシ、そしてオニヒトデと、大きな攪乱要因に翻弄され、この現象はこれからも続きそうです。
これからも、双島のサンゴと生物の行方をじっくりと見続けていきましょう。それではみなさん、良いお年をお迎えください。

(2005年12月21日)


3m底質調査データ 2005年12月17日

10m底質調査データ 2005年12月17日


3mラインのマーカー

始点マーカー NO.2 NO.3 NO.4 NO.5 NO.6 終端マーカー
マーカーの写真は全て始点方向から終端方向に向いて撮っています。


10mラインのマーカー

始点マーカー NO.2 NO.3 NO.4 NO.5 NO.6 終端マーカー
マーカーの写真は全て始点方向から終端方向に向いて撮っています。

下の写真はマーカー設置の手順とその様子です。

マーカをコンクリート
釘で固定
水中ボンドを混ぜる マーカーに
水中ボンドを盛る
作業中の様子